チャート分析とは?チャートの種類・読み方・活かし方を解説しました

チャート分析の基本を解説します。

純粋にチャートだけから情報を読み取るということに着目しているため、テクニカル分析とはあえて分けて記事にしています。

チャートの種類の解説から始め、チャート分析の方法とその活かし方をまとめました。

FXのチャートの種類

ローソク足

ローソク足とは一本の足で4本値(始値・高値・安値・終値)を表現したチャートです。

始値より終値が高い場合を陽線。逆に始値より終値が低い場合を陰線といいます。

江戸時代に日本の本間宗久によって作られたようです(諸説あります)

カギ足

カギ足はローソク足と同様に一本の足で4本値を表現したチャートです。

始値は左側に、終値は右側に横線が入るようになっており、始値と終値の表現がローソク足とは異なっています。

日本ではあまり馴染みがないかもしれないですが、海外のトレーダーでカギ足を使っている人はたくさんいます。

カギ足の最大の特徴は高値と安値が認識しやすいこと。

ローソク足では、始値と終値が重要視され、高値と安値はヒゲとして描かれますが、カギ足は高値と安値を重要視されています。

ラインチャート

ラインチャートはその時間足の終値を結んだチャートです。

特徴は非常にシンプルでわかりやすいということ。

支持線・抵抗線がわかりやすいので、ローソク足を見ながら、ラインチャートで支持線・抵抗線を確認するといった使い方もできます。

チャートの時間軸

チャートには大きく2種類の時間軸があります。

ティックチャート

レートの更新ごとの細かい値動きはティックと呼ばれます。

一定のティック数ごとに足を描くのがティックチャートです。

特に70ティックチャート(値動き70回分を1つの足として描いたチャート)は

多くのトレーダーにスキャルピング用途で利用されています。

時間足チャート

時間足チャートは値動きを一定時間ごとに区切り足を描く方式です。

多くのトレーダーに見ているのは、1分足・5分足・15分足・1時間足・4時間足・日足・週足です。

どの時間足を使うかはそれぞれのトレーダーのスタイルや手法によりますが、

複数時間足を分析している人が多いです。

いわゆるマルチタイムフレーム分析というやつですね。

チャートの見方・読み方の基本

ここからはローソク足をメインに解説します。

ローソク足の3つの要素から構成されます。

  • 陽線・陰線か
  • 実体の長さ
  • ヒゲの長さ

この3つを確認することで相場の振る舞いを確認することができます。

長期足と短期足を見ながらどういう動きの場合、どういう足になるのかを確認してみましょう。

実体が長いローソク足

1時間足に吹き出しで該当する足の5分足を表示しています。

大きな陽線は大陽線、大きな陰線は大陰線と呼ばれます。

大陽線・大陰線の場合、短期の足を確認すると一方向のトレンドになっていることが多いです。

ヒゲが長いローソク足

上の図と同様、1時間足に吹き出しで該当する足の5分足を表示しています。

長いヒゲが出た場合は、吹き出しないのようにV字のチャートになっていることが多いです。

実体のないローソク足

さきほどと同様、1時間足に吹き出しで該当する足の5分足を表示しています。

実体のないローソク足は十字線と呼ばれています。

十字線の場合は、方向感のないレンジとなっていることが多いです。

慣れてくると、長期の足を見るだけでなんとなく値動きはイメージできるようになります。

しかし、必ず短期の足も確認しましょう。短期足でどのように動いたのかを確認することでトレードの判断ミスを減らすことができます。

窓・ギャップはなぜできる?

窓・ギャップができる理由は、その足同士の終値と始値の間で取引がないからです。

FX市場では、取引量が非常に多いため、市場が開いている時間帯では窓はほとんどできません。

しかし、週末に大きな変動となる出来事が起きた場合、週明け月曜のオープンでは大きく窓を開けてスタートすることがあります。

通貨は世界中で取引されていて、FX業者によって開始時間が異なります。

使っているブローカーがオープンする前に取引をする人がおり、それによってレートが動いています。

チャート分析の基本

チャート分析の本質は大衆心理を読み取ること

チャート分析で一番大事なことは、オーダーがどれだけ溜まっていて、新しい仕掛けがどれだけ入ってくるかを読むことです。

毎回正確に分かるものではありませんが、リアルタイムでチャートをたくさん見ることでチャート読解力・相場観が養われます。

チャート読解力・相場観の高め方

1. こうだからこうなるんじゃないかっていう仮説・予想を持つ
2. 実際のチャートで結果を確認する
3. 自分の考え方を修正する

リアルタイムにチャートを見ながら、これらを何度も繰り返し、精度を上げていくことが大事です。
相場観は一朝一夕には身につきません。

チャート分析に役立つツール

OANDAというFX会社が「オープンオーダー」というツールを提供しています。

このツールではOANDAで取引している顧客のオーダーとポジションを閲覧することができます。

どのあたりにオーダーが溜まっているかを把握することで、自分のトレード戦略を組み立てるのに役立ちます。

チャート分析の具体的方法

チャート分析はどのように行ったらよいでしょうか。

具体的な方法を解説します。

1. 波の把握

まずは、直近の波がどのように動いてきたのか把握しましょう。

FX市場において、為替レートは一直線に動くのではなく、細かい波を打ちながら動いていきます。

為替レートはなぜ波を描くのでしょうか?

それは「レートが上がることで利確をする人と逆張りをする人が取引を行って、下がると買いたい人が取引を行う」ということを繰り返しているからです。

上昇トレンドの場合は、波を描きながら水準が上へと上がっていきます。

これは売る人よりも買う人が多いことを意味しています。

2. 直近の高値安値を認識する

波の認識ができたら、直近の高値と安値を見つけましょう。

高値付近や安値付近は仕掛けや手仕舞いが起きやすいところです。

他の人がどう動くかを考える上でも重要なポイントになります。

3. ラインを引く・ラインの引き方

支持線・抵抗線 (サポート・レジスタンス)を引く

何回も跳ね返っているところにラインを引きましょう。

支持線・抵抗線付近では反対売買が多くなります。

また、そこを抜けると大きく動くのが一般的です。

注意点

FXは相対取引なので、取引するFX業者ごとにレートが異なっています。
その瞬間の唯一無二のレートは存在しません。
ですので、支持線・抵抗線も1本の線として見るのではなく、「だいたいそのあたり」という幅をもって見る必要があります。

トレンドラインを引く

上昇トレンドラインと下降トレンドラインの2種類があります。

上昇トレンドラインは、直近の波の安値を結んだもの

下降トレンドラインは、直近の波の高値を結んだものです。

トレンドラインは上昇や下降の傾きつまり上昇や下降のペースを表したものと捉えるのが良いです。

トレンドラインは仕掛けや推移の目安程度として使うことが多いです。

「トレンドラインを割ったから下落のペースが落ち着いてきたな、そろそろ買い始めるのもありかな」

といった感じです。

チャート分析の活かし方

高値安値の把握、支持線抵抗線を把握したところで、どのように活かすのでしょうか?

具体例を紹介します。

ダウ理論によるトレンド把握

ダウ理論というチャート分析手法をご存知でしょうか?

ダウ理論はチャールズ・ダウが提唱した、値動き分析の理論です。

ダウ理論に基づく分析では、
・上昇トレンドは直近の安値を下回らず、直近高値を更新していく状態。
・下落トレンドは直近の高値を上回らず、直近安値を更新していく状態。
というように定義されます。

チャートの波の分析と相性がよく、テクニカル指標(インジケーター)を使わずに相場のトレンドを把握することができます。

押し目買い・戻り売り

押し目買いとは上昇トレンドを描いている状態で、下落したところで買うという売買テクニックの一つです。

戻り売りはその逆ですね。

支持線付近では反発が起こりやすいという性質を活かして、押し目買いのエントリーポイントとして使うことができます。

ブレイクアウト

ブレイクアウトとは、抵抗となっている水準を突破するときに仕掛ける売買手法です。

抵抗線は突破されると、その方向へ進みやすいという傾向があります。

逆張り

抵抗線付近は反対売買が起きやすいです。

その性質を利用し、抵抗線付近で逆張りをすることもできます。

オススメのチャートソフト

MetaTrader4(通称MT4)というチャートソフトをご存知でしょうか?

MT4はロシアの会社が開発したチャートソフトで世界中のトレーダーに利用されています。

MetaTrader4でできること

・チャートの複数表示
・1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足・週足を表示
・インジケータでカスタマイズ

MetaTrader4で取引できるFX業者もあります。

しかし、口座がなくても無料でリアルタイムにチャートを見ることができます。

取引口座は別の業者だけど、チャート分析はMT4でというトレーダーも多いので是非活用してみてください。